各地域の雨漏り修理、調査、費用相談などは雨漏り110番グループへ

雨漏り原因箇所

トップページ > 雨漏り原因箇所一覧 > こんな症状が出たら雨漏りかも?

こんな症状が出たら雨漏りかも?

こんな症状が出たら雨漏りかも?

雨漏りは早期発見が重要です!取り返しのつかないことになる前に、早目に専門業者に相談することをオススメします。

天井のシミ等、明らかに雨漏りがしているところを発見しなくても、既に雨漏りが進行している可能性はあります。

家の天井から水が滴り落ちてくるといった典型的な雨漏りなら、すぐに雨漏り被害だとわかりますが、それよりも早い段階で雨漏りが始まっていることがあるので注意が必要です。

家で生活していてどのような症状が出たら雨漏りのサインなのかを知っておくことは非常に大切です。

ここでは「こんな症状が出たら雨漏りのサイン」といった事例をご紹介します。

壁やクロスにシミができる

kabe-shimi01
真っ白な壁紙やクロスにシミができるようなら要注意です。特に、何かをこぼしたり、液体を掛けたわけでもないのに、クロスや壁にシミができるようなら、内装の内側に湿気が溜まったり、漏水している可能性があります。

また、雨漏りが壁紙やクロスを濡らしてしまうと、接着剤が剥がれてクロスがめくれる現象が起こります。また剥がれた壁紙の裏に、カビが広がっている可能性もあります。壁紙の内側から腐食が進んでしまう前に、雨漏りの根本的な修理をオススメします。

天井にシミができている

tenjo-shimi01
天井から水がポタポタと滴りおちてくれば、まず雨漏りを疑いますが、必ずしも天井裏で雨漏りをしていても部屋の中に水が落ちてこなければ、多くの人がそれを疑いません。

住人が認識できるほどの漏水がなくても、天井裏で水が侵入してくるケースは多く、部屋の中から眺めて天井に不自然なシミができている場合は、雨漏りをしている可能性が高いです。

これは外壁や屋根のヒビ割れなどから2次防水を破って建物内に水が侵入してきている証拠なので、早急に検査が必要です。腐食が進んで、シロアリが発生して家屋に壊滅的な被害が及ぶ前に手を打つのです。

家がカビ臭く感じる

kabe-kabi01
目に見えない雨漏りの場合でも、家の内側に水が溜まり、天井裏や壁裏、床下に水が入って、湿気が滞留していけば、木材が腐食してカビが発生して、屋内がカビ臭くなってきます。

これは木材が腐食するときに発生する木材腐朽菌が原因です。木材腐朽菌が繁殖すると家の中がカビ臭くなるだけでなく、徐々に建物内の木材を蝕んでいきます。

柱や土台などの構造的な重要な部分にまで被害が及ぶと取り返しのつかいダメージに発展してしまいます。家の中がカビ臭く感じるようになったら、目の届かないところで雨漏りがしている可能性が高いです。

トップページ > 雨漏り原因箇所一覧 > こんな症状が出たら雨漏りかも?

0120-414-211
お問い合わせ
このページの先頭へ