各地域の雨漏り修理、調査、費用相談などは雨漏り110番グループへ

雨漏りに使える保険

トップページ > 雨漏りに使える保険一覧 > 火災保険を使い無料で雨漏り補修ができることも

火災保険を使い無料で雨漏り補修ができることも

火災保険を使い無料で雨漏り補修ができることも

状況によって火災保険を使い、無料で雨漏りなどの補修ができることがあります!

加入している火災保険の保証内容にもよりますが、風災保証が付いている場合は、無料で雨漏り補修できる可能性があります。

台風や梅雨のシーズンは、強い風や雨の影響で雨漏りすることがあります。このような場合は、火災保険を使い無料で雨漏りを補修できる可能性があります。

火災保険が使える場合はどういうときか?

火災保険とは、火災・落雷・爆発などによる家屋(建物)及び建物内の物品に損害が発生したときに、それを補てんする保険です。保険プランによっては、火災や落雷の他にも、風災・雹災・雪災を補償するものもあります。この契約プランで火災保険に加入していれば、雨漏りによる住宅の損害に対して補償が受けられます。

そのときに、重要なのが風災に認定される強い風の定義です。

風災の強い風の定義

強い風の定義は、「1秒間の風速が20m/秒を超えると強い風」としているところが多いです。台風、竜巻、つむじ風、春一番などのによる被害により瓦が飛んだり、板金や屋根のスレートが浮いたり、直後の雨で漆喰が崩れたりすると風災と認定されて補償の対象となります。

家財はどうなるのか?

火災保険の場合、建物だけでなく建物内の家財も補償の対象となることから、当然家財の損害も補償の対象になります。

ただし、注意しなければならないのは、集合住宅などの場合、雨漏りでなく上層階の給水設備のトラブルで水漏れしているケースも多々あります。

この場合は、風災・雹災・雪災を補償するプランとは別に水ぬれを補償するプランが用意されているのでそちらを契約することが求められます。

実際の申請の仕方を説明

では、実際に雨漏りの火災保険を申請するときの手順についてご説明します。

雨漏り補修業者など業者に調査を依頼します。調査報告書や補修に関する見積書をもらったら、保険会社に連絡します。

調査報告書や見積書は、保険請求のときに使う大切な資料です。保険会社の指示にしたがって必要書類を記入して提出します。

そして、保険会社側の調査オプ(鑑定人)が再度、屋根や雨漏りの被害を調査、検証します。それに基づいて被害が認定されると保険金が支払われる手順となります。

基本的に雨漏りの補修は、業者に依頼するので、申請手続きまで代行してくれる場合がほとんどです。

トップページ > 雨漏りに使える保険一覧 > 火災保険を使い無料で雨漏り補修ができることも

0120-414-211
お問い合わせ
このページの先頭へ