各地域の雨漏り修理、調査、費用相談などは雨漏り110番グループへ

自分で補修する場合

トップページ > 自分で補修する場合一覧 > 自分で出来る雨漏りの応急処置

自分で出来る雨漏りの応急処置

自分で出来る雨漏りの応急処置

応急処置では、一時的に雨漏りを止められても根本が直らないので注意!

雨漏りの応急処置は、ホームセンターで売っている材料でもできますが、根本的な原因が直らないのでオススメはしません。とはいえ、自分で補修したい方もいると思いますので、ここでは自分でできる応急処置を説明します。

雨漏り時に役立つ吸水シート(吸水パック)室内

最近、ホームセンターでも防災用品コーナーに吸水シートが置いているのを見かけようになりました。使用方法は、漏水部に敷くだけです。例えば、雨漏りをしている屋根裏等に敷くだけで吸水してくれます。

屋根裏の場合は、あまり重いと天井板が抜けてしまいますので、サイズ的には5L吸水タイプをオススメします。大型サイズでは20Lまで吸水可能で、豪雨時の土嚢としても使用出来ます。吸水シートを据え付ける前に、薄型の受け皿を下に敷いておきましょう。

オススメの商品

1.有限岩本商事社
多目的吸水シートアクアシートW400×H500サイズで10L吸水10枚で15,000円

2.アレックス株式会社
吸水バックW420×H570サイズで20L吸水20枚で36,000円

3.風船唐綿
吸水バックW370×H280サイズで5L吸水1枚で865円

雨漏りスプレー(室外)

雨漏りスプレーは、外壁・モルタル・コンクリート細い亀裂・ひび割れや穴を埋め、板金屋根・厚手の繊維テント・帆・雨傘・布バケツ・木部の防水と防腐の効果もある液状スプレーです。

乾燥後、塗装出来るものから、出来ないものまで様々で、色は無色透明、容量200mL~300mL程度です。金額は650円~3,800円国内のものは、スプレータイプの他に、ローラー・刷毛を使用する防水材タイプもあります。

輸入品のものは、金額も高く、スプレー後塗装も可能なため画期的です。瞬間的なコーティング方法としては手軽に使用できます。また、発砲ウレタンを使用した充填剤もございますが、あまりお勧めしません。

使用方法

1.使用前には塗付面のごみ、さび、ほこりなどをふき取ってください。
2.使用前にスプレーをよく振ってください。
3.スプレーと塗付面の間隔は約20cm~30cm程とってください。
4.スプレーするときは、均等にまんべんなく2,3回塗り重ねてください。
5.完全に乾燥するまでは約24時間かかります。

雨漏り隙間テープ(室外)

突然発生する雨漏りの多くの原因は、建物の外壁と屋根からがほとんどです。ご自身で直す場合は、補修隙間テープがあります。

最近では、部分補修用として、波板屋根用・トタン屋根用・瓦屋根用等、解り易く補修部分を明記した補修テープが販売しています。そのテープを使用することをオススメします。

3つに分かれる隙間テープ

1.プチルゴム系の防水テープ
黒いゴムのようなテープ。厚手のタイプ(0.5㎜~2㎜)

2.アルミ素材
2M~20M×幅5㎝~7.5㎝程度でロール状、厚みを0.1㎜程度タイプでシルバー色又は屋根色タイプ

3.アルミ素材にブチルゴム系を重ねてあるタイプ
価格は600円~6,000円と幅広く販売されています。一時の応急処置ですと、ガムテープでも使用が可能です。

使用方法

1.使用前には塗付面のごみ、さび、ほこりなどをふき取ってください。
2.テープのカットはカッターナイフを使用してください
3.補修箇所に均等に張り、プラスチックヘラにてテープ内部の空気を抜く様に貼付けてください
4.貼付けスタートは、低い所から張付けてください。
5 重ねて張付けると、更に耐久性が増します。

コーキング(シーリング充填剤)

手軽にできる充填剤による補修方法で、ホームセンター等で販売されています。道具・副資材として、シーリングガン・プライマー液・マスキングテープを同時に使用します。一般の方にも分かる様に大別すると3つに分かれます。

3つに分かれるシーリングのタイプ

1.水廻し用に使用させるシリコーン材
1本333mLで価格500円前後。台所タイルシンク目地・浴室亀裂目地・洗面台目地等、生活上頻繁にお水が当たる部分に打ち込みます。

2.変性シリコンシーリング材
1本333MLで価格は600円~1,200円前後。外壁のひび割れ目地(モルタル外壁・窯業系外壁共使用可)シリコーンより、耐久性が劣ります。また、使用後べた付きや内部の化学物質よる塗膜の汚染が見られます。補修後その上から塗装をする場合は、ノンブリードタイプをご使用ください。また、シーリング材を使用する前に、プライマーと言うボンド材と同じ様に接着性を高める液もございますので必ず同時に購入してください。

3.ウレタンシーリング材
1本333mlで価格は4500円~1,000円前後。外壁のひび割れ等の補修にも使用は可能ですが、一般的に、塗装を行う事を前提に使用するシーリング材です。良く間違えて買ってしまったと言う声を聞きますが、耐久性が劣るだけで、応急処置的には、十分役割を果たします。購入する際のポイントとしては、ノンブリードタイプを購入してください。また、同じくノンブリードタイプでポリコークという商品もございます。

使用方法

1.ひび割れ、穴部のほこり、汚れを拭き取る
2.奇麗に行う場合は(マスキングテープ)を張り付ける
3.プライマーを刷毛にて塗り込む
4.シーリングガンと言う道具を使用してシーリング材を塗りつける
5.ヘラと言う道具を使用して余分なシーリング材をこすり取る
6.マスキングテープを取り外して完成

エアコンからの雨漏り補修う

エアコンの外冷媒管ホース部から雨漏りしている場合は、穴埋めに使用するパテ材が役に立ちます。このパテ材は、濡れていても接着性が高く、水にも強く、剥がし易い為、とても手軽です。

トップページ > 自分で補修する場合一覧 > 自分で出来る雨漏りの応急処置

0120-414-211
お問い合わせ
このページの先頭へ