各地域の雨漏り修理、調査、費用相談などは雨漏り110番グループへ

雨漏り原因箇所

トップページ > 雨漏り原因箇所一覧 > 外壁と軒の取り合い部分からの雨漏り事例

外壁と軒の取り合い部分からの雨漏り事例

外壁と軒の取り合い部分からの雨漏り事例

雨水が侵入した考えられ原因は、豪雨などの自然災害時に雨水が強風で巻き上げられ、軒天と外壁上端にある隙間から雨水が侵入し、防水紙や防水テープのすき間などから、雨水が防水層の内側に入り、室内に漏水したと考えられます。

雨漏りは、経年劣化に限らず、新築戸建住宅でも関係なく発生します。これまでの雨漏りのトラブル事例では、降水量に比例して雨漏りが発生する確率が高くなるようです。今回の雨漏り事例では、「外壁と軒の取り合いからの雨漏り」をご紹介致します。

お施主様から頂いた相談は、雨が降ると1階部分のサッシの下枠から雨水が漏れてきたとの内容でした。家屋の構造、築年数、これまでの補修歴なども事前にお伺いして、現地訪問調査を行いましたが、雨漏りの原因は、単なるサッシ枠の不具合とは考えません。なぜなら、雨漏りが発生する原因は目視や経験で特定できるほど簡単なものではないからです。散水調査を行わず、知識と経験値を活かして補修工事を行い、雨漏りが止まる場合もあるかもしれませんが、漏水個所の原因を突き止めたわけではありませんので、再び雨漏りが再発する可能性もあります。

実際、雨漏り110番にご相談を頂く方の多くは、何度も補修工事をしても雨漏りが再発して困っている方ばかりです。今回の事例では、お施主様の立ち合いのもと、実際に散水調査を行い、複数の漏水個所を再現致しました。結果はこれまで全く気にしていなかった「外壁と軒の取り合い部分」からの漏水を目視で確認して頂きました。雨水が侵入した考えられ原因は、豪雨などの自然災害時に雨水が強風で巻き上げられ、軒天と外壁上端にある隙間から雨水が侵入し、防水紙や防水テープのすき間などから、雨水が防水層の内側に入り、室内に漏水したと考えられます。侵入した雨水は、合板を打ち付けた釘を伝って壁に染み込んだり、壁内を伝わって雨水が土台に到達し、壁内に侵入した雨水が染み出したのが、雨漏りの原因でした。

結論からして、サッシ枠からの雨漏りではありませんでしたので、サッシ枠やその周辺をいくら補修しても雨漏りが止まることはありません。これまでの補修歴を伺うと、サッシ枠の周りをシーリング補修したり、窓枠や周辺の補修を行い、多額の費用を支払ったようです。補足ですが、雨漏りは複数個所からの漏水や補修後の経年劣化による雨漏り発生なども、常に視野に入れてお施主様にお伝えすることも専門家の我々の役割と考えております。

 

トップページ > 雨漏り原因箇所一覧 > 外壁と軒の取り合い部分からの雨漏り事例

0120-414-211
お問い合わせ
このページの先頭へ